サラリーマンIT技術者の調査レポート

日々の業務で気付いた当たり障りのない技術的なあれこれを綴ります。

WildflyからActiveMQを使う(その2)

以前の記事

hired.hateblo.jp

の続きです。

前回は Resource Adapter の登録まで実行しました。 今回は ConnectionFactoryQueue を登録して、JNDI経由でアプリケーションから使えるようにします。

前提事項

  • ActiveMQTest というキューを作成している

ConnectionFactory と Queue の登録

前回同様、JBoss-CLI から以下のコマンドを実行します。

/subsystem=resource-adapters/resource-adapter=activemq-rar.rar/connection-definitions=QueueConnectionFactory:add(class-name="org.apache.activemq.ra.ActiveMQManagedConnectionFactory", jndi-name="java:/AMQJmsXA")
/subsystem=resource-adapters/resource-adapter=activemq-rar.rar/admin-objects=TestQueue:add(class-name="org.apache.activemq.command.ActiveMQQueue", jndi-name="java:/TestQueue")
/subsystem=resource-adapters/resource-adapter=activemq-rar.rar/admin-objects=TestQueue/config-properties=PhysicalName:add(value="Test")

"reload-required" が表示されたら reload を実行してください。

以上です。