読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンIT技術者の調査レポート

日々の業務で気付いた当たり障りのない技術的なあれこれを綴ります。

WildFlyに仮想ホストを作成する

例えば、1つのAPサーバーインスタンス複数アプリケーションを動かすときに「アプリケーションごとにポートを分けたい」ということがあると思います。 ということで今回はWildFlyにdefault-hostのhttp(8080)以外にもう一つWebリクエストを受け付けるポート(8081)を追加してみます。

前提事項

WildFly8.1が起動している

事前準備

WildFlyのWebサーバUndertowには、正確には「仮想サーバ」というモノは存在しません。 server listener socketの組み合わせで仮想サーバを実現します。 $JBOSS_HOME/bin/jboss-cli.batを起動したら、まずはそれぞれの名前を決定します。 今回はother-serverother-http-listenerother-httpという名前にします。

# set server_name
set server_name=other-server
# set http_listener_name
set http_listener_name=other-http-listener
# set socket_name
set socket_name=other-http
# set port_number
set port_number=8081

socket-bindingの追加

最初にsocket-bindingを追加します。

# add socket-binding
/socket-binding-group=standard-sockets/socket-binding=$socket_name:add(port=$port_number)
reload

socket-bindingを追加したらリロードします(これを入れないと動かないので)。

serverの追加

次にserverを追加します。

# add server
/subsystem=undertow/server=$server_name:add
reload

serverを追加したらリロードします(これを入れないと動かないので)。

http-listenerの追加

最後にhttp-listenerを追加します。

# add http-listener
/subsystem=undertow/server=$server_name/http-listener=$http_listener_name:add(socket-binding=$socket_name)
reload

http-listenerを追加したらリロードします(これを入れないと動かないので)。

以上で仮想サーバが追加できました。