読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンIT技術者の調査レポート

日々の業務で気付いた当たり障りのない技術的なあれこれを綴ります。

ActiveMQ は JMS2.0 をサポートしていない(2015/12/14時点)

タイトルのとおりです。気を付けましょう。

WildflyからActiveMQを使う(その2)

WildflyからActiveMQを使えるようにする手順の第2回目です。

WildflyからActiveMQを使う(その1)

Wildfly (WildFly Homepage · WildFly) から ActiveMQ (Apache ActiveMQ ™ -- Index) を使えるようにします。 RAR ファイルから展開した jar ファイルを module に登録、みたいな手順はよく見かけるのですが、それだと RAR の意味がない めんどくさいし間違…

WildFlyに仮想ホストを作成する

例えば、1つのAPサーバーインスタンスで複数アプリケーションを動かすときに「アプリケーションごとにポートを分けたい」ということがあると思います。 ということで今回はWildFlyにdefault-hostのhttp(8080)以外にもう一つWebリクエストを受け付けるポート(…

デプロイメント記述子におけるJava型とリソース型の対応

Java EEデプロイメント記述におけるresource-ref/resource-env-ref/env-entryの違いなど。

WildFly8.1でJPAのデータソースを間接参照する方法

WildFly8.1でJPAのデータソースを環境名前空間を使って間接参照する方法です。 WASなんかだと特に何も考えなくても勝手に動いてしまうのですが、WildFlyでは一捻り必要だったので記録しておきます。 問題点 JPAの<jta-datasource />でWildFlyに設定したデータソースのJNDI名を</jta-datasource>…

WildFlyのCLIでXAデータソースを削除する

前回の続きで、WildFly8.1に設定したOracleXADataSource(とJDBC Driver)を削除する手順を示します。 追加したものは削除できるようにしておくのが作法です。 事前準備 jboss-cliを起動して後で必要になる変数を設定します。 # set data source name set data…

WildFly8.1にCLIでOracleXADataSourceを設定する

WildFly8にOracleXADataSourceを登録する方法です

JBoss(WildFly) CLIでの変数の使い方

JBoss(WildFly) CLIでの変数の使い方について

WebSocketで大きなデータを送信

Glassfish4(Tyrus)のJava API for WebSocket(JSR-356)で、サーバからクライアントへサイズの大きなファイルをバイナリ転送するサンプルプログラムを作ってみました。 JSR-356でバイナリデータを転送する場合、byte[]やByteBufferなど固定長のデータを使う方…

JPAで前方一致検索する正しい方法

JPAで前方一致検索(LIKE検索)する際、JPQLの書き方やプログラムからのパラメータ設定方法などいろいろと悩ましい問題がありますが、「現時点ではこれがベスト」というやり方を取り急ぎ書いてみます。 前提事項 動作確認に利用したJPA実装 Hibernate、Eclipse…